前へ
次へ

子どものための治療がある

病院は、病気を診るところで、治療をする場所でもあります。内科、外科などもありますが、精神科・心療内科を受診する子どもの姿もあります。いわゆる、虐待やいじめによるメンタルケアが行われています。学校の先生、保健室の先生、医師などは虐待の早期発見に努めることができる人物です。育児などでノイローゼになる親もいますから、カウンセリングを利用しましょう。いじめも未だに問題視されています。殴る、蹴るなどの暴行を加えれば、暴行罪や傷害罪になります。多くの場合、子どものことだからとして反省を求められるだけで、処分の手続きが取られない場合が多いようです。いじめられた本人の心を誰が癒してあげられるでしょうか。心はモロいもので、些細なことでもフラッシュバックして発作を起こすことさえなきにしもあらず、精神科・心療内科では、子どものための心の治療を行います。決して、薬で様子見するのではなく、ぬいぐるみ療法、バタフライハグなどの心に作用する安心、安全な治療方針が取られています。

中絶の相談|堂山レディースクリニック
中絶は一人で悩まず当クリニックにご相談ください

精力が落ちたと思ったらこちらのサイトをご覧ください
性欲増進や勃起不全、中折れなどのお悩みを抱える男性におすすめです

大病院での人の数と支払い対応

数年ほど前までは大半の地域の大病院は朝から毎日大勢の人がやってきて座る場所もないくらいが日常茶飯事でした。それのために朝一番に来たにも関わらず、実際に検査してもらうのは昼過ぎなんてのも珍しくありませんでした。それを解消するために何年ほど前からか指定された大病院では中小規模の診療所からの紹介状がない場合は5800円ほどの紹介料を徴収するようになりました。先日1か月ほど前に久々に家族が重病人の疑いがあるので大病院に行きましたが、予想していたよりもかなり少ない患者の数に驚きました。もっともコロナの最中なので警戒した人の分も減ったでしょうが、それのために待合室の椅子に楽に座って待機することができるようになりました。その大病院では検査と診察などして終わったら精算手続きをしないとなりませんが、今頃の大病院は窓口ですべてを行うのではなく、自動精算機が窓口の近くに何台も設置されています。窓口では請求書を渡されるだけが基本で、肝心の支払い自体は自動精算機が基本となっています。自動精算機では現金そのものも入金できますが、重病や入院だと何万円も吹っ飛ぶのでクレジットカードなどでの支払いも行えるようになっています。

Page Top