カカオ成分の多いチョコレートは抗酸化作用も高め

世界の多く人たちから愛されてるチョコレートは、かつてに医療の世界では薬として重宝をされた経歴も持ちます。
昔は薬としても用いられたチョコレートには、たっぷりの糖分とカロリーが気になりますが、カカオ自体の栄養成分は高いです。
チョコレートが甘いのは砂糖を大量に加えているためであり、原料は全く甘味ではないカカオで、その中に含まれるポリフェノールには、高い抗酸化作用があります。
抗酸化作用のあるポリフェノールのおかげで、コレステロールの数値を下げてくれますし、動脈硬化予防にもなる優れものです。
いくつかの種類がありますが、ホワイトチョコにはほとんどポリフェノールが含有しておらず、抗酸化作用を狙う何らカカオ含有量の多い、ブラックチョコレートやビターチョコレートを選びます。
健康を意識してチョコレートを食べるのであれば、カカオたっぷりの種類を選ぶことです。
食物繊維やミネラルも含むのがカカオですから、便通を良くしたり貧血予防にもなります。