団塊の世代を中心とした高齢化と医療

高齢化社会の象徴として団塊の世代という表現があります。
1947~49年生まれを中心とした人たちの世代ですが、この世代の人たちが75歳以上になるのが2025年以降ということで人数の何と3650万人以上になるそうです。
人口の3分の1が近い将来75歳以上になるということですが、もう過ぎそこに来ています。
そして日本の人口も減り続け1億人を切り、それとともに高齢化も進んでいくということですので、国民のだれもが迎える高齢化の時の状態が理解できるということになります。
自分の年齢をあてはめてみればすぐにわかります。
その時にどんな医療や福祉が行われているかは、今の現状と将来の妥当な予測でだいたい見当がつきます。
そして足りない部分もだいたいわかります。
そのため足りない部分を補う準備をする必要があり、とくに生活費と医療費、福祉関係の費用などの準備が必要になります。
公的なサービスの知識も活用することも知識や情報として得ながら準備をしていきます。