心臓の手術を行うときに心臓はどうするか

心臓の機能は、心臓を全身に送ることです。
電気的な信号が発信されていて、そのリズムで拍動して血液が全身に送られるようになっています。
もし心臓の手術が必要な状態になったら、心臓はどうするかです。
心臓には大量血液が送られ、さらに送る必要があります。
そんな大事な臓器の手術ができるのかです。
心臓の手術を行うときは、手術の内容にもよりますが心臓の機能を一時的にストップさせます。
あまりストップさせると復活ができなくなるので一定時間が決められています。
止める間は人工心肺装置に心臓の役割と肺の役割をさせます。
無事終われば再び心臓に機能を移して、その他の縫合などを行います。
最近は医療ドラマや、実際の医療現場の映像などがテレビなどで映されるときがあります。
心臓手術の時には、確かに時間が測られていて、その間に所定の手術がされるよう計画されています。
人工心肺においては必ずしも問題点がないわけではなく、血栓ができやすいリスクがあるとされています。